林流殺陣とは

忍者体術(林流殺陣)

名和弓雄先生(師匠筋紹介・参照)とは、林は長らくお付き合いがあり、また師事をしていたという経緯があります。

そして林自身が研究した技の中で「忍者が使いそうな技」を拾い集めて纏めたのが「林流忍者体術」です。
・・・もともと研究していた侍や忍者が使う武術に加え、合気道や拳法・柔術などの技が加わっていきました。
その後、林が還暦を迎えた年に発覚した病気を機に、勉強し直す決心をしたという太極拳の技までが加わり、2014年頃に今の形になりました。

林邦史朗は、1975年に「日本伝来の武道と殺陣を融合した武劇を創始」しました。

忍者の技を演じるには、身体能力(体力と主に柔軟性)を欲し、動き慣れていないと難しい場合があります。
「平素から稽古をしておけば、急に演武する事になっても、すぐに対応出来るから」
との思いから、林は平素の稽古にも取り入れていました。

アクロバットの技と、実際の武術を組み合わせた武劇公演は、各地で反響を呼びました。

2009年の「芸能生活50周年記念公演(芝居と武劇の2本立公演)」は、林にとって初めての自主公演でもありました。
その後も技はまた増えていき、やはり自身が創始の「林流護身術と共に成長をしていった」のが林流忍者体術です。
忍者が使う、いかにも不思議な体術をお楽しみ下さい。

林邦史朗の忍者体術は、林の編み出した殺陣のステップ「体捌きABC」を基に紡がれています。

忍者内容・筆記資料の有無映像資料
(実践)
1.林流忍者体術・連続受け組手
受け即攻撃を組み合わせ、7手ほどを繋げた稽古様式・有X
2.林流忍者体術・上級連続受け11本組手上記1に受け方が4手加わり、受け即攻撃を組み合せ、合気や柔術、太極拳の動きを多く取り入れた組手・有X
3.林流忍者体術・12本組手
上記2本とは別に林が創作した忍者組手・有X

関連記事

  1. 棒、槍、薙刀(林流殺陣)
  2. 所作(林流殺陣)
  3. 刀法(林流殺陣)
  4. 懐剣、小太刀、十手(林流殺陣)
  5. 林邦史朗の殺陣事業
  6. 林流殺陣とは
  7. 体捌き(林流殺陣)
  8. 現代劇・特殊(林流殺陣)
PAGE TOP