林流殺陣とは

その他の資料について

林邦史朗は晩年、「殺陣の参考書」を製作するべく執筆を続けていました。

「捕物術(刺又、袖絡み、捕縄、戸板、荷車、目潰し、他)」
「火縄銃、銃、ピストル」
「相撲」、「トランポリン」、「フェンシング」、「ロープワーク」、
「スキューバダイビング」、「水泳(水中での格闘に必要)」
「林流合せ技」、「鎖鎌術」
よく使われる忍者の武器(十字手裏剣、打ち根、鍵縄、苦無、シコロ他)
「切腹の作法」、「歌舞伎の殺陣」など手掛けるつもりであったようです。

剣道内容
(基本)
試合場
礼法、構え
足の踏み方、竹刀の握り方
ポイントについて・有
(実践)
仕掛け技9種・有
剣道理念10種・有
日本剣道型7本・有
小太刀3本・有

柔道内容
(基本)
礼法、帯の締め方、受身・有
(実践)
投げ技18種・有
固め技
(押さえ込み6種、絞め技7種、関節技5種)
弓術内容
弓の歴史と流派について
各部の名称
笠懸、流鏑馬、犬捕物の説明
撮影現場での話
矢の名称など
ボクシング内容
(基本)
構え方
フットワーク7種
攻撃7種
防御11種
知っておきたいボクシング用語21種
用具、反則、級、歴史など
太極拳
受け方など、少し記述あり

劇用馬と乗馬内容
馬の厚かった撮影についての話
(基本)
(練習方法)
乗馬と下馬
練習する場合の目安22種
稽古法22種

(劇用馬コーディネーター)
コーディネーターの話
暦と時刻、国、藩の名前
時間の表し方
資料

関連記事

  1. 体捌き(林流殺陣)
  2. 現代劇・基本(林流殺陣)
  3. 林邦史朗創始の殺陣とは?
  4. 刀法(林流殺陣)
  5. 懐剣、小太刀、十手(林流殺陣)
  6. ヌンチャク、釵、鎌、トンファー、鉄甲、万力鎖(林流殺陣)
  7. 棒、槍、薙刀(林流殺陣)
  8. 殺陣のライセンス
PAGE TOP