林流真剣刀法・稽古目録総覧

林邦史朗の真剣刀法・稽古目録総覧

林流真剣刀法内容・筆記資料の有無映像資料
(基本)
1.神前に礼稽古の前には黙想をし、武道礼を行う・有
2.刀礼
(座礼と立礼)
刀に対する礼儀で、2種類・有
3.帯刀江戸時代に入ってから、刀を帯に差すようになりました・有
4.脱刀帯刀した刀の、帯からの抜き方・有
5.鯉口の切り方3種すぐに鞘走らないように、刀はしっかり鞘に納められています。
その鯉口の切り方です・有
6.抜刀3種
(後ろの敵に振り向いた場合も3種)
刀を鞘から抜く方法3種・有
7.血振り7種林邦史朗が、様々な剣術流派から知る血振りの方法・無
8.納刀5種
(太刀含む)
血振り同様、林の知る納刀の法・無
9.体捌き
(鞘も捌く)
帯刀している侍は、何かの折に鞘を捌く・無
10.体転・受け流し・摺り上げ想定した敵の攻撃を躱す方・有
(実践)
1.斬り方8種真剣での斬り方の種類・有
2.袈裟斬り5種上段から振り下ろして斬る袈裟斬りにも、斬り方の種類として5種ある・無
3.逆袈裟斬りの説明俗に言う「斬り上げ」のレクチャー・無
4.水平斬り・真直斬りの説明真横水平斬りと、真直斬りの斬り方と、試斬の時の注意点・無
(補足)
1.刃筋と角度の説明正しい斬り方と、斬った後の藁を使用しての効率的な稽古法・無
2.試斬の注意点物打ちの説明や、刀の止め方、刀と身体を流す法・無
3.様々な物を斬る吊した紙や、空き缶などで試斬の稽古を行う・無
初伝内容・筆記資料の有無
(初伝の試斬は袈裟斬りのみ)
映像資料
(座り居合)
1.前の敵3本抜刀3種の理合いを活かした技・有
2.後ろの敵3本上記1を、今度は後ろから掛かって来た折の法・有
3.鞘引き前の敵1本右手は刀を引き抜くが、左手は鞘を引いて抜刀する理合いを覚える型・有
4.鞘引き前後の敵1本前後の敵に挟まれた事を想定した居合・有
5.刀超え前の敵1本想定した敵と対峙し、挨拶をしている際に斬りかかられた時の居合・有
(立ち居合)
1.前の敵3本座り居合の1を、立ち技に変えた手・有
2.後ろの敵3本上記2を、立ち技に変えた手・有
3.逆抜き前の敵1本香取神道流より・有
4.鞘引き前後の敵1本上記4を、立ち技に変えた手・有
5.鞘当て前の敵1本鞘で攻撃を加える居合・有
6.林流初伝之型藁4本を東西南北に立て、12の動作で、1人で舞のように行う型に試斬を加える・無
中伝内容・筆記資料の有無
(試斬は袈裟斬りと、逆袈裟斬り)
映像資料
(立ち居合)
1.前の敵3本木の葉返し、臑きり、冠入身・有
2.右の敵1本捲り・有
3.左の敵1本飛び退き・有
4.後ろの敵3本柄殴り、下がり片手突き、逆刀斬り・有
5.林流中伝之型藁4本を東西南北に立て、12の動作で、1人で舞のように行う型に試斬を加える・無
(補足)
1.体捌きを使った侍の戦い方の説明
(試斬への応用)
実戦で行われたであろう法・無
2.摺り上げ、受け流しの説明摺り上げや受け流しを加えた際の、試斬の注意点など・無
奥伝内容・筆記資料の有無
(袈裟斬り・逆袈裟斬りに、真横水平斬りを加える)
映像資料
(立ち居合)
1.4人斬り
(説明と試斬)
4人の敵に襲われた事を想定しての試斬・無
2.前の敵3本切先返しを取り入れ、抜刀の理合いを活かした法・有
3.右の敵1本抜き付け切先返し・有
4.左の敵1本重心移動突き・有
5.後ろの敵4本左重心の移動
右重心の移動
後ろ右袈裟 突き 斬り上げ
振り向き抜き付け切先返し・有
6.前後の敵3本
(説明と試斬)
前後の敵に挟まれた事を想定した居合・無
7.左右の敵3本
(説明と試斬)
「Vの字」の形で、敵2名に挟まれた場合の居合・無
8.林流奥伝之型藁4本を東西南北に立て、12の動作で、1人で舞のように行う型に試斬を加える・無
9.無刀取り
(体術13種・合気技6種)
林創案であったり、実際にある技での無刀取りの数々・無

関連記事

  1. 林が研究した剣術・柔術などの目録
  2. 林邦史朗の護身術・稽古目録総覧
  3. 林邦史朗創始の殺陣とは?
  4. 林邦史朗の殺陣・稽古目録総覧
  5. 林邦史朗の健康体操・総覧
  6. 林邦史朗創始の真剣刀法とは?
PAGE TOP