日本伝統武術の武器紹介

特殊武器・18種

林邦史朗が生前に蒐集した、あらゆる武器(特殊武器)をご紹介します。

特殊武器
弓折れ Yumi ore
破損した弓を、杖の長さ程度に切ったものです。
指揮棒として使ったり、杖にもしたり。
もちろん、簡単な武器としても使えます。
貫級刀 Kankyutou
武士の手柄は、戦場で敵将の首級をあげる事にあります。
取った首級を殿様に献上して認めてもらって、初めて手柄と認められる為に、自分が取った首級である事を証明するべく、この貫級刀の穴に紙縒りを通して己が姓名を書きつけ、取った首の耳の穴に刺して、区別をしていました。
槍の穂先 Yari no hosaki
短刀、合口拵えの中に仕込んである槍の穂先で、いわゆる「鎧通し」の一つです。
「鎧通し」とは、戦場で組討ちになった際に、敵の武将の鎧の隙間から刺突できるよう作られた、頑丈な刀の総称です。
仕込杖 Shikomizue
杖の中に、槍や刀が仕込んであります。
他にも、分銅鎖などが仕込んである物もあります。
仕込笛 Shikomibue
笛の中に、刀が仕込んであります。
これも、隠し武器の一つです。
写真、一番上の物は分銅鎖で、二番目の物は正木流で使う万力鎖、以下二本は、万力鎖の仲間です。

分銅鎖は、ぱっと見ると、「万力鎖」と同じに見えますが、これは全く別物です。
狭い場所で扱い易い、隠し武器の一つです。

万力鎖の方は、60cmから120cmくらいの長さで、鉄鎖の両端に分銅を付けた隠し武器で、片手でも握り隠せるのが特徴です。
写真は、正木流(美濃の国・大垣藩の御留流)で使っている万力鎖と、その変形バージョンですが、万力鎖は技を持って扱う武器であり、力で扱う物ではありません。
なので、身の丈に合った長さの物が、扱い易いようです。

両端の分銅が丸い物もありますが、これなら裸の場合でも、脇の下や肘の関節に挟んで隠す事が出来ます。

相手を殺傷せずに捕える事も出来ますし、狭い場所でもOKな隠し武器です。
ヌンチャク Nunchaku
左上から、武劇館の門人が個人的に作った、プラスチック製のヌンチャク(紐が、手持ち部分に収納できる)です。
2番目の銀色のヌンチャクは、折り畳み式で、下から2番目の物がまず第1段階に伸ばした物で、それからさらに引き伸ばした長さの写真が一番下の物です。

ヌンチャクはもともと隠し持てる武器ですが、これは更に折り畳みが出来て、持ち運びにさらに便利。
このヌンチャクは、金属製です。

真ん中の黒っぽいヌンチャクは携帯用で、これは伸び縮みはしない木製のものです。

4番目は一般的な木製の物で、一番右の物は稽古用(革製で、芯に竹を使用)です。

ヌンチャクは、琉球古武術の武器の一つで、回転力(遠心力)を利用して戦います。
映画「燃えよ!ドラゴン」で使用され、ヌンチャクの存在が世界的に認知されましたが、映画が公開される前から林邦史朗は、この武器を武劇ショーなどで使っていました。
トンファー Tonfar
農具から出た武器で、琉球古武術で扱われる武器のひとつです。
握りの部分を持ち、肘までがカバー出来るくらいの長さの物を使用しますが、木製です。
空手の突き技(裏拳など)の延長として、両手に一つずつ持って使用します。
隠し武器の一つです。
釵 Sai
琉球古武術の「空手の手刀」をいかして、手の延長として用いる鉄製の武器です。

本来は、黒く塗ってある物を両手に1本ずつ持って戦いますが、別に1本を隠し持ちます。

たとえ1本を敵に投げつけたとしても、隠しから1本を出して2本を手に持ち、戦います。
鎌 Kama
もともと、農具として草を刈ったりする物ですが、琉球古武術では隠し武器として、2丁使用します。
片方で受けて、もう片方で攻撃をしたり、または巻き落としたり。
写真は左が本身で、右は稽古用(木製)です。
鎌に鎖や分銅を付け、遠心力を利用して投げつけたり、足や首に巻き付けて相手を制します。
これも、隠し武器の一つです。
飛び口 Tobikuchi
火消しが持っていた道具で、短い物は大体50センチくらいから、長い物は6尺(1.8メートル)くらいあります。
物を壊したり、引っ掛けたりと使い道は様々。
昔は、どんな家にも一つくらいはあったそうです。
兜割 Kabutowari
鉄製の刃のない刀で、「鉄刀」とか、「ハチ割」とも呼んでいます。
長さは、30センチ位の物から、1メートル位の物までと、色々。
相手を斬り殺さないように使用する、護身用の武器の一つです。
十手 Jyutte
写真、上2本までは、稽古用の十手です。
一番下の物が本物の十手(鉄製)で、手元に鉤がついていて、刀を受けたり、もぎ取ったりします。
江戸時代に入ってからは、役人(今の警察関係)が専門に持つようになりました。
長さは20センチ位から、長い物で1メートル位と、色々とあります。
ナエシ Naeshi
役人の手先をしていた者たちが十手の代わりに持っていたり、武家の女性が護身用に持っていた鉄製の武器です。

手などにダメージを与え、相手を萎えさせてしまうので「ナエシ」といいます。
特殊警棒 Tokusyukeibou
平素は10センチ位の長さに折り畳んで携帯が出来、いざという時に30センチ位の長さに伸ばして使用します。
鉄製の棒で、ガードマンや、私服の警官などが持っています。
警棒 Keibou
警官が持っていた、60センチくらいの硬質木材の丸棒です。
原型は、暴れ馬を扱う時に使用していた「鼻ねじ」。
馬泥棒などが来た時にはもちろん、武器としても使用しました。
鉄甲 Tekkou
鉄製はもちろん、木製のものもあります。形もこのように色々とあって、両手に握って使用します。
受・斬る・突くなど、拳(こぶし)を鍛えなくても破壊力を生む、強烈な隠し武器です。

関連記事

  1. 第三話 武士(もののふ)の行く道
  2. 第一話 刀掛け
  3. 第五話 茶をもて(武家娘の所作)
  4. 第四話 気儘之介の経緯(いきさつ)
  5. 弓矢と火縄銃・4種
  6. 刀剣類・14種
  7. 第二話 武士の退館
  8. 長物類・4種
PAGE TOP