林流健康体操・総覧

林邦史朗の健康体操・総覧

健康体操・5種内容・筆記資料の有無映像資料
林流健康体操古くは「全身を緩める運動」と呼ばれた、林が初めて創始した健康体操。
書籍では、「武術家が考案した、身体にやさしい健康体操・・・林流足裏呼吸法」として、マガジンハウスから出版された。

1.身体の末端から緩める
2.足裏呼吸
3.身体を左右に揺する
4.捻転
5.浮き沈みと捩り
6.肩回し
7.肩の上げ下ろし
8.首の捻転
9.足裏呼吸法
以上の9項目からなる・有
X
2.林流健康護身体操・1同じ技を、(前方から手を掴む敵・右から手を掴む敵・左から手を掴む敵)といったタイプか。
背後から手を掴むといったように敵を想定し、武術のステップを踏み、技をかけて「相手を振りほどく法」を学ぶ。
自然呼吸法を取り入れ、太極拳のようにスローペースで行うのが特徴。

1.足芯呼吸
2.両手拝み
3.両手振りかぶり
4.両手上げ下げ
5.霞
6.両手廻し
7.巻き込み
8.入身振りかぶり
9.掴み返し
10.掴み上げ
11.合気上げ崩し
12.片手上げ反転横並び
13.片手上げ横並び
14.合気上げ外廻し
15.合気上げ内廻し
16.両手出し
17.横並び振りかぶり
18.横向き両手着き
19.後ろ連続当て身
20.足芯呼吸
以上、20項目からなる・有

X
3.林流健康護身体操・2奇数は上段攻撃、偶数は右中段攻撃を想定し、敵に当て身や技をかける練習法を繋げた健康体操。

1.両手上げ受け
2.両手下げ受け
3.拝み受け
4.逆下段受け繰り手
5.両手開掌内受け裏拳
6.開掌逆下段受け裏拳
7.開掌同時受け
8.下段受け上段突き
9.開掌内受け中段突き
10.開掌内受け顎突き
11.開掌外受け中段突き
12.開外受け霞み
13.内受け霞み斬り下ろし
14.内受け目突き
15.十字受け裏拳
16.蹴り十字受け
17.上段挟み受け
18.中段挟み受け
19.突き上げ返し打ち
20.内受け落とし上段突き
21.両手なえし受け包打ち
22.中段なえし受け中段突き
23.側面左入身手刀打ち
24.側面左半身手刀打ち

以上、24項目からなる・有
4.骨盤調整ストレッチ林流で行われていた、骨盤を調整するストレッチ健康法。

1.上体伏せ3種
2.開脚左右・前
3.両足抱え込み
4.左右捻り
5.太もも伸ばし・2種
6.全身捻り・2種
7.肩入れ
8.けのび
9.肩関節・前
10.肩関節・後ろ

以上、10項目からなる・無
5.立禅座って行うのが座禅なら、立って行うのが立禅。
全て、武術の構えからなる。
林が習得した、太極拳で行われている気を整える法。

1.按掌の構え
2.抱気の構え
3.蓄精の構え
4.霊閉の構え
5.霊開の構え
6.陽掌の構え
7.内神の構え
8.雲手

以上、8項目からなる・有

関連記事

  1. 林邦史朗の真剣刀法・稽古目録総覧
  2. 林邦史朗の護身術・稽古目録総覧
  3. 林邦史朗の殺陣・稽古目録総覧
  4. 林邦史朗創始の真剣刀法とは?
  5. 林邦史朗創始の殺陣とは?
  6. 林が研究した剣術・柔術などの目録
PAGE TOP