エッセイ集

第16話 「オヤジ狩り」に、遇った・・・。~2月(2004年)

これは一体、なんでしょう…???

 メールフォームで、回答をメールしてみよう!
 ヒントは、下の写真。とくと、ご覧あれ。大きさは右側の煙草参照。
 回答は次回「山野亜紀エッセイ」を待て・・・っ!

●・・・さて、コンビニの店長が強盗を「おでん鍋を投げつける事で、撃退した!」というニュースを聞きました。 

これを投げつけるってのも、勇気がいるような…★

 お久し振りです、山野亜紀です。
 このHPの新コーナーの設置に、命を削っていた・・・私ですが★
 まだまだ不慣れで、写真のレタッチとかも何度もやり直しているので、とても時間が掛かってしまいます。
 あぁ・・・私に身体が3つあったなら★
 1つには仕事をさせて、1体にはHPをやらせて、3体目には遊ばせてあげるのに・・・・・・。 (T_T)
 かなわぬ夢を見ながらシコシコと、このサイトの制作は行われております・・・。(2004年当時の話ですが、2019年になっても余り変りがないような・・・★)

●とりあえずは、当初の目的でもあったHP来客数が5千人を突破! (^_^)v

 明るい未来が見えてきそうな気配ですが、新聞にはあんまり、楽しくなるような記事が少ないですねぇ・・・。
 新聞といえば昨年末、私の知り合いが亡くなったので、そのお通夜に行ったのですが・・・久々にそこで、様々な方達と再会をしました。
 私事で何ですが、山野家は天下晴れての自営業(!)
 一応は広告代理店なんですが、それが親の代からの生業(なりわい)でございます・・・。

キオスクでも置かれている「おでん缶」

 そんな訳で、いわゆる同族会社という事で。
 今も、自宅兼事務所で細々と、素麺の如く、細くも長くも営業は続いているのですが、この会社も父の代からなので、歴史だけは古く。
 付き合いのあった担当も、1社で10人の坂を軽く、超えております・・・・・・。
 そんな訳で、お通夜の席。
 久し振りに会った元担当の面々と、盛り上がってしまいました。 (^。^)y-.。o○
 遺影には、やはり元担当が。ひっそりと会話を、聞いております・・・。

●元担当が多いという事は、1人の担当と知り合って付き合った年数も、はっきり言って長い!

亡くなった方は、この会社の広告部勤務の方でしたが…この新聞、何かネタにつまるとUFOネタに返るのは、お約束?

 新入社員の時に知り合って、今ではもう子持ちという元担当も居ります。
 人の事は言えませんが、未だずーっと独身(!)で、髪が薄くなっても人生を謳歌(!)・・・している方も、結構多いです。

 結婚をしたという人も、結婚をしたけれども別れちゃって、今は独身という方も居ります。
 あの人が、結婚をする・・・。
 そうなると夜のささやかな接待の席では、その方はもう、良いサカナ♡
 顔を見たことのない人でも、もう知っちゃったような気になるから、フシギです。 (^_^;)

●ところで、一昨年結婚を果たした元担当が「オヤジ狩りに遇った」という話を、聞きました。

 ・・・ところが、彼が務めているのは天下晴れての某スポーツ新聞社
 ちゃっかり3面記事のネタにして、飯のタネにしてしまったというのも驚きですが、その人は当時、なんと(!)23歳の若さ(!)だったのです・・・。
 ・・・なのに親父って、、、
 老け顔・・・って、損・・・・・・?  (^_^;)
 お通夜の席でその話を蒸し返した所、その方(通称「はっちゃん」)は真面目な口調で、こう言いました。
「新聞では笑い話でしたけど、オレはあの時、もう死ぬと思いましたよ」 (-_-;)

●当時下町の、人情厚い土地に住んでいたという・・・はっちゃんです。

下町って、こんな感じですか?

 退社して、仲間内で一杯やって、ホロ酔い気分。
 今振り返れば、少し人気が少ないかな?・・・という程度の閑静な住宅地を歩いていて、唐突に後ろから殴られたのです・・・。
 殴られて、倒れてしまったのが運のツキ。
 高校生くらいの、5人くらいの集団に寄ってたかっての袋叩き。
ヤクザだったら急所を外すんですけど、あいつら、やる事がメチャクチャですからね」 (-_-メ)

 ・・・・・・四国は土佐、室戸岬に近い・・・ハッキリ言って田舎出身の・・・はっちゃん。 
 何故にヤクザに、詳しい・・・? (?_?)

「とりあえず、金、狙ってると思って」
 はっちゃんは、持っていたカバンを捨てました
 幾人かカバンに気が行った所を、何とか抜け出し、近くの酒屋に駆け込んで助かったそう。
 そして即、引っ越して行ったそうです・・・。

●そういえば、昔ウチでバイトをしてくれていたお母さん。

 その息子さんも自転車に乗っていて、ノックアウト強盗に遭った事があるそうです。 (-_-;)
 ・・・人が近づいてきて、道でも尋ねられるのかと思いきや(!)
 後頭部に、手荒い一発。
 気が付いてみると一人で、道に倒れていたんだそうです。

 ・・・ラグビー部の、猛者で鳴らしたという息子さん。(当時大学生) 
 警察には届けたけれども、頭は痛いし、持ち物は無くなっているし、悔しいしで。
 被害に遭った場所を何度も、自転車で乗り回してみたそうですが、相手の男をどうしても思い出せず。
 ・・・思い出せない自分がどうにも切なく、悔しかったんだそうです・・・。

●急に襲われた事など、経験のない・・・私でしたが、本当に怖い事なんだなと、痛感致しました。

 そして、タイトルに戻るのですが★
 コンビニのセブン・イレブンに、包丁を持った男がやってきて、「金を出せ」と言い。
 ・・・レジに居たアルバイト店員が、すぐさま店長に通報(!)
 店長はすぐに駆けつけ、いきなりレジのすぐ側にあった「おでん鍋」を投げ付け(!)
 ・・・そしてテレビのニュースで伝えていた事には、その辺にあった物を次々に投げ付け(!)
 最後、煙草の1カートンが額に当って・・・その男。
 ボーゼンとなった所を、警察に捕まった・・・という事です。

 コンビニの床には、おでん種である・・・がんもやこんにゃく、投げ付けたタバコなんかも散乱していて。
 お汁(つゆ)なんかで、床はビシャビシャ…? 
 さぞ掃除が、大変だった事でしょう・・・。 (^_^;)
(やっぱり、バイトの人がやったんだろうか・・・・・・???) 

● 昭和一ケタ母なんかは、凶器として食べ物を使った事に、違和感を覚えるようですが。

 物を投げる事で、相手の戦意を喪失させた店長は、ある意味でエライと思います。
 護身の意味で言ったら、手当たり次第、ある物を投げつけて相手の失意を狙って、隙をみて逃げるという事は・・・非常に有効な手段なのです。
 ですが最近、軽罪で警察のお世話になって、3食を賄おうかしら・・・という。

  ・・・元日に放送されていたドラマの『踊る大捜査線』でも、そんなエピソードがありました・・・・・・。
 元刑事役という設定の「いかりや長介」さん。
 自分は引退してしまったので、もう、そういう方達(一応、ホームレス・・・?)のお世話は出来ないが、別の部署に務める人情厚い刑事さんを紹介していました。

いかりやさんがドリフ時代は、林先生がよく吹き替えをしてあげていたのだそうです★

 そして、例の調子で。
「他の人には、迷惑を掛けるなよな」
と言って、送り出しておりました・・・。
 ちなみに、そのホームレス達の犯す軽罪って、「ひったくり」とかではなくって、無銭飲食が多かったような・・・・・・。

 そういえば、セブンイレブンのその強盗犯人の所持金は、私の記憶が確かなら110円とか・・・。
「そんな男には、おでん食べさせて帰しちゃえば良かったのに」
 食べ物を投げ付けるなんて事をしないで、円満な解決を望む・・・私の昭和一ケタ母★
 武器にされるよりも、食してもらった方が、おでんは幸せか・・・?
 昭和一ケタ母は、若い頃はずっと中野に住んでいて、当時は結構・・・食べ物で苦労をして生きて来た人です。

山野亜紀のエッセイ・目次は、こちら!

関連記事

  1. 第44話 「ビバ、やくざ!!」~4月(2006年)
  2. 第2話 伊達な黒帯~3月(2003年)
  3. 山野亜紀のエッセイ集とは?
  4. 第10話 立ち廻りの「受身」~9月(2003年)
  5. Bugekikan.comへ、ようこそ!
  6. 第十六話 殿は馬上に・・・
  7. 第52話 「時代劇」って、お金のかかるモノなんですね~☆2月(2…
  8. 第30話 それがぁ、一番大事~ィ♫~12月・前篇(2004年)
PAGE TOP