林流健康体操

全身を緩める運動

あなたは、緊張するタイプですか?

 自分では意識をしていないのに、気が付いたら体を萎縮させている事ってありませんか?
 ・・・そう、緊張をほぐそうとすればするほど、どんどんと深みにハマってしまう・・・そんな事って、ありますよね★ (^^)/  
 そして、体と心はやっぱり、繋がっていますから(!)
 体が柔軟でないとついつい、心までも硬くなって、ついには行動にまでそれが移ってしまう事って、あるんです・・・★ (-_-;)

 人って、意識をして体を硬くする事は、簡単に出来るんですが、緩める方って実は・・・以外に難しいのですね。

 ところで人って「目」「耳」だけでなくて、実は「掌」「足の裏」からも、実にたくさんの情報をもらっているんです。
 「掌第二の脳」なんて言われてますし、「足第二の心臓」とも言われております。
 ・・・その手の指先や、まずは足の爪先から(!)
 末端の関節から徐々に緩めていって、全身にその緩さを伝えていくという運動(!)をしてみましょう。
 緊張しやすい社会生活の中で、意識をして全身を緩めてみませんか?
 きっと、あなたの健康はもちろん、全てに役立つことでしょう。

【ポイント】
 この運動は、必ず「呼吸法を取り入れて行い」ましょう。
 ここで言う呼吸法とは、「自然呼吸法」と呼ばれているものです。
 人は無意識にこれを行っているハズですが、いざ考え込んでしまったりすると、どう呼吸していいのか判らなくなってしまう場合があります★
 そんな時にはどうぞ、この呼吸法を意識して運動を行ってください。
 ・・・大事なのは、呼吸けして止めない事です。
 呼吸が止まると、身体を委縮させてしまう原因になりますから、慣れない内は意識してみて下さいね♡ (^_^)/

【自然呼吸法・極意!!】
1・呼吸の基本は、「鼻から吸って」、「口から吐き」ます。
2・基本的に、「身体が伸びた状態の時には、息を吸い」、「身体が縮んでいる時は、息を吐き」ます。

1.末端の関節を緩める運動

 両手首、足首から指先など。
 自然呼吸で、手や足を自分で振ったりして、緩めていきます。
 特に手首を曲げる方向は、写真を参考に「痛・気持ちいい程度」に自分で曲げて(!)行いましょう。
 足の指も前後に曲げるなどして、アキレス腱も伸ばしていきましょう。

【技・その1・・・手首締め】


肘・手首を九の字に曲げて

親指1本、他4本で鷲掴み

手首を上に捻ればOK!

【技・その2・・・小手返し】


左手の甲に、右手を重ねて

左小指と薬指の間に、右の親指

左に手首を捻り、左肘は水月

【技・その3・・・(通称)栓抜き】


左手の甲を、右手で挟み

左肘は真っすぐ、掌を上に

そのまま掌を自分に向ける

【技・その4・・・掌返し】


左肘は伸ばし、左の指を

右の手で、挟んで掴んで

垂直まで、角度を付ける

2.上半身を緩める運動

 肩幅の広さで開き、両手は自然に体側に降ろした状態を「自然体」と呼びます。(写真・左参照)
 その状態で息をゆるく吐きながら、上半身を前に倒してまず、両手の指を組みます。
 その掌を返して、ゆるく息を吸いながら上半身を起し、自分の頭の上にまで両手を持っていき、掌を上にします。
 それから気持ち膝を曲げて自分の中心(丹田)から・・・緩く身体を震わせて、息を吐きます。
 ゆったりとした気持ちで行うのが、ポイントです。
 ここで言う自分の中心とは、「下丹田」の部分を言います。
 丹田に関する説明は、「立禅」のページをご覧下さい。
 この運動は目安として、真ん中で2回、左方向と右方向に身体を振って、共に2回ずつ行います。


上半身を前に倒して手を組み


その手を返しながら息を吸い

吸い続けながら、頭の上に

ここで気持ち、膝を緩めて♪

息を吐きながら、ゆっくりと

気持ちよく、左右に揺します

3.「自然体」から緩く膝を曲げたまま、自分の中心から揺さぶる運動
自分の中心の力が「指先に伝わるよう」にまずは、上半身を左右に振っていきます。
 手が、自然と身体にまつわり付いていくようなイメージなんですが、その両の手の甲が「肝臓や腎臓など」の大事な臓器を刺激していきます。
 呼吸は、手の甲が当たった瞬間ふっと吐く感じです。
・・・今度は、手を振る幅を変えて、片手は、片手を肩叩きにします。
その後は、左振向きの場合は後から自分の右の踵が見える・・・といったように、逆の踵が見えるくらいにまで、大きく上半身を振ってみましょう。
 終ったら、自分の中心の力を止めます。
 ・・・両手は勢いを失い、やがてもとの自然体に戻ります。(振り幅が、3パターンという事になります♡)

4.両手にボールを持っているイメージで行う運動 
【パート1】
 まず「自然体」で立ちます。
 それから自分の前に、ボールを持つように両手を合わせて、そのボールを持ったまま、上半身をゆっくりとまわす運動です。
 左バージョンと、右バージョン。 目安として3~5回程度、行います。
 この場合の呼吸法は、「息を吐いて→吸って、1回転」
 前から緩く息を吐き始めて、後ろに伸びた時からやはり緩く、息を吸い始めます。


息を吐きながら

下で、吐き切り

息を吸い始めて

吸い始めて・2

吸い始めて・3

ここで吐き始め

息吐いてます・2

下で又吸い始め

【パート2】
 今度は、上下の運動です。
 やはり初めは自然体で、自分の腰の辺りでボールを持つように、両手を合わせて行います。
 まずは緩く息を吸いながらそのボールを、自分の頭上へと背伸びをするように持って行きます。
 一番てっぺんまで行ったら、今度は緩く息を吐きながら腰から前屈をします。
 上から下へとボールを、自分から遠くを通るようにして、運んでいきます。
 一番下まで来たなら、出来るならで良いので・・・ここは、腰をぐっと落として。
 再び息を吸いながら、ボールを頂点まで背伸びをするように運んでいきます。
 目安として3回、行いましょう。


まずは、ここから

息を吸い始めて

ここまで、吸って

ここから吐き始め

吐いてます・1

吐いてます・2

吐いてます・3

吐いてます・4

ここから吸い始め

吸ってます~♪

5.腰を捻る運動
 自然体で立ち、腰の辺りで・・・自分の前、掌を下に向けます。
 息を吸って、今度は一気に吐きながら、出来るなら両手(親指と人差し指で作った三角)の間から、逆の踵をみるように大きく振り返ります。
 自分の前で息を吸って、捻った時に息を吐くを、左右3回ずつ行います。


息を、吸って

一気に、左へ

ここで吐いて

吸いながら1

吸いながら2

ここで吐いて
 

6.肩を廻す運動

【パート1】
 自然体で立って・・・片手は腰、片手は自分の前に出して、掌は上に。
 「手の上に、ボールを乗せているイメージ」で、息を緩く吐きながら・・・掌は上に向けたまま脇の下を通ったら一度、後ろの方へ伸ばします。
 そこから息を吸い始め、掌をゆっくり廻しながら、頭の上まで持っていって再び、自分の前まで戻していきます。
 この「掌が上を向き続ける」事が、最大のポイント!
 前から始まって、前で終って呼吸は1回です。
 これは右手のみ、左手のみ、左右同時で3パターン、どれも3~5回くらい行います。
 この運動で、「肩こりがなくなった・・・」と言う方が多くいますので、悩んでおられる方は、どうぞチャレンジしてみて下さい。


息を吐いて・1

息を吐いて・2

息を吸い始め1

吸い続けて・2

吸い続けて・3

吸い続けて・4

吸い続けて・5

吸い続けて・6

吸い続けて・7

ここから吐いて

【パート2】
 今度の呼吸法は、一気に吸って、一気に吐きます。
 自然体から両肩を、息を吸いながら・・・後ろから大きく廻して、持ち上げます。
 そして一気に吐きながら、肩をストンと落とします。
 後ろから3回、前から3回ほどやります。


息を吸って・1

息を吸って・2

息を吸って・3

息を吐いて~♪

7.首を廻す運動 
 今度は左右に、顎で円を描くイメージで横に、8の字を描きます。
 呼吸は緩く、左からと、右からの2パターンおこないます。
 目安として、3回くらい。

 

足芯呼吸(そくしんこきゅう)●
 1~7の運動で、全身の関節が十分緩まりましたので、今度は全身に気を通す為の、準備運動をします。
 そして「立禅」に入りますが、その前に・・・豆知識♡ (^_^)/

 男性と女性では、気の巡り方がになります。
 さて、気の考え方とは、中国から伝わったものです。
 「右手陰」で、「左手陽」です。
 痛い時に手を当てる場合などは、女性は右手で。男性は、左手をその部分に当てましょう。
 また、この「足芯呼吸」の場合では、女性は気を前方から頭頂を通って・・・背中へと通していきますが、男性の場合は、背中から頭頂を通して前方へと通していきます。

 まずは、「自然体」に、なります。
 両手は外側から広げながら息を吸い、頂点に来たら今度は両手を水平にして、掌を下にして・・・両手を下ろしながら息を吐きます。
 鼻から息を吸い上げますが・・・この時は、足の裏から綺麗な水が身体を通り、やがて頭頂まで吸い上げられていくようなイメージで息を吸います。
 吸い上げた処で息を詰めてしまうと、これはこれで脳に良くないとの事なので、ここで鼻から一度少し息を漏らします。
 それから・・・まるで身体全体を断層写真のように、悪い処はないかと探っていくように(!)探りながら、両手を下ろしていって・・・息をゆっくりと吐きます。
 綺麗で美しい水が「土踏まずから入って」「土踏まずから抜けていく」ようなイメージです。
 身体の不浄な部分を、洗い流していく・・・。そんなイメージで、行いましょう。
 ※これを3回おこなって、いよいよ「立禅」をおこないます。


息を吸って・1

息を吸って・2

息を吸って・3

息を吸って・4

鼻から抜いて

息を吐いて・1

息を吐いて・2

息を吐いて・3
 

関連記事

  1. 骨盤調整ストレッチ
  2. 職業俳優の方に送る、殺陣の重要知識
  3. 長物類・4種
  4. 特殊武器・18種
  5. 弓矢と火縄銃・4種
  6. 刀剣類・14種
  7. 2.殺陣の初段
  8. 3.現場でのライセンスの重要性
PAGE TOP