林流殺陣・稽古目録総覧

山野亜紀(女邦史朗)プロフィール

殺陣師、パフォーマー、俳優/林流真剣刀法最高師範/林流侍とニンジャ体術最高師範/林流総合武術最高師範/四柱推命鑑定士/オフィス・リバティ代表

 山野亜紀(女邦史朗)東京生まれ、1994年殺陣師・林邦史朗師事
1999年から2015年まで、主に劇団ひまわり、タレント養成所、プロダクションなどで、師と二人三脚で殺陣の指導に当たる。数々の映像や舞台において、武術や時代劇所作指導および出演。
2005年、「オフィス・リバティ」を創設。師の公演やイベントのプロデュース、殺陣・真剣刀法の教育DVDの制作やワークショップ、乗馬教室を担当した。
2008年に師と共催でワークショップを始め、のべ100回以上、乗馬教室は43回、殺陣・真剣刀法・芝居のDVDは23種類にわたる。
2014年には師の公認を得て唯一人、日本初の女性殺陣師となった。翌年、師より「邦史朗」の名を託され、正式に独立。殺陣師・武術家として創作演目・演武作品の発表・講演を続ける。

三味線(長唄)、日本舞踊(花柳流)は幼少期より、他に箏に三味線(地唄)、バレエ、ジャズダンス、生け花(小原流)などを学んだことは、数々の創作に活きている。

(主な殺陣・薙刀・弓道・時代劇所作振付作品)

NHK朝ドラ「ひまわり」(1996)薙刀・殺陣振付指導
auCM「大奥編」(2013)薙刀・殺陣振付指導
企業CM「アダラート」(2017)弓指導
ゲーム「信長の野望」(2017)侍所作およびアクション指導
BSスカパー!「NMB48のナイショで限界突破!」(2014)時代劇所作および殺陣振付・指導(出演)

(講演活動)

 神田明神の文化事業「明神塾」2017年度第3回「江戸の刀剣文化」(2017年9月13日)
 あーとカフェ笹峯ギャラリー「おんな殺陣師・山野亜紀さんが語る 殺陣の魅力と難しさ、表現の苦労や舞台の裏面四方山話」(実演含む)(2017年7月8日)

(奉納演武)

小戸妙見神社(福岡)(2019)
香椎宮正式参拝ツァー(福岡)(2020)

(講師)

社団法人日本カルチャー協会公認講師
よみうりカルチャー講師(自由が丘、恵比寿)殺陣、護身術ほか(2020~)

(舞台の殺陣・振付作品)

劇団一の会「青い眼の赤トンボ」(脚本:岡本喜八/企画・演出・黒川礼人/2018)
殺陣とラグビーシーン振付、およびアクション指導

(アシスタント期における殺陣振付・指導)(※印は出演)

金曜時代劇「寺子屋ゆめ指南」(1997~1998)
NHK大河ドラマでは師・林邦史朗の助手として殺陣及び時代劇所作などの指導を行うとともに、役者としても出演した。(※は出演作)
「北条時宗」(2001)
「利家とまつ~加賀百万石物語~」(2002)
「武蔵~MUSASHI~」(2003)
「義経」(2006)
「功名が辻」(2006)(おあき役)
「篤姫」(2008)
「江~姫たちの戦国~」(2011)※
「平清盛」(2012)
「八重の桜」(2013)※
「軍師官兵衛」(2014)
「花燃ゆ」(2015)

(舞台の殺陣・振付作品)
前進座「法然と親鸞」(2007~2008)
前進座「薄桜記」(2014)

ホームページ

サムライウーマン 山野亜紀の公式サイト   http://samurai-woman.com/
和心きらり 江戸の食文化から見る人々の暮らしとグルメ(準備中)
武劇館HP 林の殺陣の研究資料と山野亜紀のアーカイブ   http://bugekikan.com/

女邦史朗、林流殺陣、林流真剣刀法、林流総合武術、林流健康体操、武劇館は、林流の登録商標です。

 このHPでは、林邦史朗の研究成果や稽古様式の目録を公開し、映像や文献などを整理した上で必要な方には有償で申し受け、後世に伝える事を目的の一つとしています。

関連記事

  1. 林流殺陣とは
  2. 合気道
  3. 杖術
  4. 2.真剣の取り扱い
  5. 林邦史朗創始の殺陣とは?
  6. 刀法・実践
  7. ヌンチャク、釵、鎌、トンファー、鉄甲、万力鎖(林流殺陣)
  8. 現代劇・基本(林流殺陣)
PAGE TOP