山野亜紀・部門お江戸の作法教室

  1. 第七話 風太郎、道で人と出遭う(後篇)

    「波和湯。その連れは一体、何者なのだ」  ・・・そう言われて、風太郎。  さり気なく己が身で気儘之介の姿を隠しながら、独り者の頃に通っていた道場の、仲間である・・・と告げた。 そこは、気儘之介である。 如才なく頭から手拭いを取って、幾之介に…

  2. 第六話 風太郎、道で人と出遭う(前篇)

     風太郎が厠から戻ってみると、気儘之介が炙(あぶ)った魚を前に、涙ぐんでいた・・・。 「うぅう・・・…

  3. 第五話 茶をもて(武家娘の所作)

     だって、お茶ひとつ熱いものは飲めないんだぜ。  ・・・・・・気儘之介はつまらなそうに、そんなことを…

  4. 第四話 気儘之介の経緯(いきさつ)

     眉をおとして。  お歯黒にするのは、この時代の人妻の証であった。「隠してたわけじゃないわ。でも風太…

  5. 第三話 武士(もののふ)の行く道

     夜で、本当に良かった・・・。  波和湯風太郎は、心の底から思っていた。 これがもしも、町人や商人が…

  6. 第二話 武士の退館

  7. 第一話 刀掛け

  8. お江戸の作法教室とは?

カテゴリー記事一覧

登録されている記事はございません。

PAGE TOP