稽古・資料目録

  1. 柔術(林流殺陣)

     柔術とは「生死を含む武術」を指し、やわら(又は体術)などと呼ばれる、戦場における組み打ちの技の総称です。 戦国時代から徳川にかけて出来上がったとされていますが、竹内(たけのうち)流では、短刀(長さ30センチ以下の刀を指す)を想定した体術の…

  2. 合気道(林流殺陣)

     刀剣を扱う立ち廻りを振り付けるうちに、体術を本格的に習いたいと考えるようになったとは林の著書「林流…

  3. ヌンチャク、釵、鎌、トンファー、鉄甲、万力鎖(林流殺陣)

     林邦史朗は、その長きに渡る殺陣師人生で、早い時期から琉球古武術に親しみ、「燃えよドラゴン(1973…

  4. 懐剣、小太刀、十手(林流殺陣)

     刀の分類として、30センチ以下の長さの物を短刀としています。 そして「懐中に携える護身用の短刀」の…

  5. 棒、槍、薙刀(林流殺陣)

     得物を持っての稽古の中でも、特に長物(槍や薙刀など)は、四方に注意をして稽古をするよう心掛けて下さ…

  6. 刀法(林流殺陣)

  7. 所作(林流殺陣)

  8. 林流殺陣とは

  9. 現代劇・特殊(林流殺陣)

  10. 体捌き(林流殺陣)

カテゴリー記事一覧

登録されている記事はございません。

PAGE TOP