資料室お江戸の作法教室

  1. 第五話 茶をもて(武家娘の所作)

    だって、お茶ひとつ熱いものは飲めないんだぜ。・・・・・・気儘之介はつまらなそうに、そんなことを言う。子供の頃から、夏はともかく。冬はいつも、火鉢に鉄瓶がかかっている。お湯もいつも、沸いている。・・・そんな環境で育った…

  2. 第四話 気儘之介の経緯(いきさつ)

    眉をおとして。お歯黒にするのは、この時代の人妻の証であった。「隠してたわ…

  3. 第三話 武士(もののふ)の行く道

    夜で、本当に良かった・・・。波和湯風太郎は、心の底から思っていた。これがもしも、町人や商人が…

  4. 第二話 武士の退館

    土産だ。 食わないか?そういって自ら、むしゃむしゃと饅頭を平らげていく。井戸から水を汲んで、…

  5. 第一話 刀掛け

    おかしい、と。波和湯風太郎は思っていた。・・・確かに、久し振りではある。この場所を訪れる…

  6. お江戸の作法教室とは?

カテゴリー記事一覧

登録されている記事はございません。

PAGE TOP